成長人生、「投資場!!」

このブログは「秋葉」と「江南」の2人で、IT・ITC系の情報や、社会人ノウハウを発信します。基本的に週一更新で記事は交互に作成しています。

急に英語が必要に!? エンジニアのための英会話3ステップ

秋葉です.

 

 

最近,仕事で海外の方と話す機会がありまして...

そのための対策としての忘備録を書こうかと...

 

 

どんな手順を踏めばよいか?

いろいろ調べた結果,下記の3点の手順を踏むのが良いとのこと.

 

1.英語(英会話)が必要な理由を明確にする

2.日常生活に必要なフレーズを覚える

3.(エンジニアなら)頻出する専門用語を覚えておく

 

 

各ステップで必要と思われる本(秋葉も実は買ってしまった)は,下記にて紹介させて頂いてます.

なお,下記の本を読んだ・聞いたからと言って,すぐに聞き取れたり,話せたりということはありません.現状より少しマシになるかなといった程度です.

 

実際にペラペラ話せるようになるには,海外の方とより多く話し,経験を積む必要があります.

 

1.英語(英会話)が必要な理由を明確にする

 

「取引先に新製品をアピールしに行く」

「海外の工場内の従業員へ指導しに行く」

「国際学会へ参加する」

 

などが挙げられるかと思います.

理由によっては,どんな専門用語が必要になるのか?が変わってきます.

 

2.日常生活に必要なフレーズを覚える

  外国の方と会話する際,英単語のフレーズごと覚えたほうが楽です.

 

秋葉は英語に苦手意識を持っているので,「もしもネイティブが中学英語を教えたら」を読んでから「英会話ペラペラビジネス100」を読みました.

 

 このおかげか「英会話ペラペラビジネス100」の内容を覚えやすくなりました.

おすすめの組み合わせです.

 

 

・mini版 もしもネイティブが中学英語を教えたら

 

 

・英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 

 

3.(エンジニアなら)頻出する専門用語を覚えておく

 エンジニアであれば,科学論文や専門書(英語)がこれに当たります.

1ステップ目で,理由が明確になっているので,できる限りその分野の単語にについて覚えましょう.

 

また,国際学会へ参加されるのであれば,下記の本もおすすめです.

 

・音声DL版 国際学会のための科学英語絶対リスニング〜ライブ英語と基本フレーズで英語耳をつくる!